WP 5.0


こんにちは、小泉です。


前回、ワードプレス(以下WP)のダッシュボードに
ログインできなくなった原因が、バージョンの
アップデートによるものだと判明しました。


バージョンを「5.0」以降にアップした際、
インストールしてあるプラグインとの間で
不具合が起こったようなんですね。

WPのダッシュボードに入れないときの対処法、プラグインの強制停止


ということで、次はWPのバージョンを
「5.0」以前に戻す作業に入りたいと思います。


WoedPress旧バージョンのダウンロード


まずは、WP旧バージョンのダウンロードから、
インストール前の準備まで行います。


WP公式サイトへアクセス


はじめに、WPの公式サイトにアクセスします。


Google検索


検索窓に「www.wp.org」と入力。


WP公式サイト


すると、検索結果の3~4番目くらいに、
「日本語ーWordPress」というサイトが
表示されますのでアクセスします。


WPバージョン「4.9.10」をダウンロード


WPを入手


WPの公式サイトに入ったら、
右上の「WordPressを入手」をクリック。


追加リソース


表示されたページから、
「追加リソース」「すべてのリリース」を選択。


WP旧バージョン


過去にリリースされたWPのバージョンが表示されますので、
その中から「4.9ブランチ」の「4.9.10」をZIP形式で
ダウンロードします。

「WP旧バージョン」ダウンロードページ


不要なファイルを削除


ダウンロードフォルダ


ダウンロードが終わったら、フォルダに保存されている
「wordpress-4.9.10-ja」を開きます。


「wp-content」を削除


「wordpress」フォルダまで開いたら、
その中にある「wp-content」フォルダを削除します。

「wp-content」には、記事やプラグインなどのデータが保存されていますので、誤って上書きするとそれらのデータが消えてしまいます。
その他にも、ダウンロードしたファイルの中に「wp-config.php」「.htaccess」があった場合、これらのファイルも削除します。
このファイルはダウンロードしたバージョンによって、あったり無かったりします。

インストールファイルを解凍


デスクトップに解凍


不要なファイルを削除し終わったら、
ZIPファイルの中の「wordpress」フォルダを、
ドラッグ&ドロップでデスクトップ上に
解凍しておきます。


ここまでで、インストール前の準備は完了です。


WordPress旧バージョンの手動インストール


ではここからは、旧バージョンの
インストール作業に入ります。


FileZilla

インストールは前回同様、フリーのFTPソフト
「FileZilla」を使って行います。

無料FTPソフト「FileZilla」のインストールと初期設定


FTPソフトでサーバーと接続

「FileZilla」を起動させ、PCとサーバーの
データベースを接続します。


FileZilla 画面


接続が終わったら、

PC側を「デスクトップ」⇒「wordpress」

サーバー側を「サイトURL」⇒「public_html」

の順に開きます。


PC、サーバー両画面


ファイルをサーバーへアップロード


両側とも同じようなファイル郡が表示されたら、
PC側のファイルをすべて選択し、サーバー側へ
ドラッグ&ドロップします。


データ アップロード


このとき、選択したファイルを誤って別のフォルダの
中にコピーしてしまわないように注意します。


上書き設定


アップロードが始まると上書きの設定画面が開きますので、
画像の赤丸の欄にチェックを入れ「OK」を押します。


インストール開始


インストールが開始されました。


ファイル転送確認


左下のファイル転送が止まれば、
インストールは完了です。


WordPressデータベースの更新


データベース更新


インストールが終わり、WPにログインすると、
データベースの更新画面になりますので、
「データベース更新」をクリックします。


「続ける」クリック


データベースの更新が終わったら「続ける」をクリック。


ダウンデート完了


ダッシュボードに入ると、
バージョンが「4.9.10」に変わりました。


プラグイン有効化


最後に、前回の記事で停止しておいた
プラグインを有効化します。

有効化する前に、必ず、強制停止するために変更した
「プラグインの名前」を元に戻しておきます。⇒WPのダッシュボードに入れないときの対処法、プラグインの強制停止

これで、WPのダウンデートは完了です。


まとめ


今回はWP旧バージョンのダウンロードと
インストールについての解説でした。


「WP5.0」以降のバージョンは、今までのものと
仕様が異なるので、ざまざまな問題があると噂には
聞いていました。


それで今までアップデートをためらっていたのですが、
「どうせいずれは使うんだから」と、思い切って
バージョンアップしたのが今回のトラブルの原因と
なってしまったようです。


この件に関しては、旧バージョンに戻すことで
なんとか事なきを得ましたが、もしもデータが壊れて
「画面まっ白」なんてことになってしまったら、
もう二度と立ち直れなかったかもしれません。


なのであなたも、WPを「5.0」以降のバージョンに
アップデートする際には十分に注意してください。


それではまた。