こんにちは、小泉です。


Web上のペイントツールなどで絵を描く際、
ペンタブでタッチすると「丸いポインタ」
出てきますよね。


ペンタブ波紋


こんな感じの。


何の目的でこの「丸」が発生するのかはわかりませんが、
絵を描くときにはすごい邪魔です。


今回はペンタブでタッチしたときに出現する
「丸」を消す方法を書いていこうと思います。


ちなみに、ここで紹介するのは
「Windows7」の場合の方法です。


それ以降の「WindowsOS」及び「MacOS」をお使いの人には
あまり参考にならないかもしれませんのでご了承ください。


ペンタブタッチ時の「丸」を消す方法2つ!


この「丸いポインタ」を消す方法は2つの方法があります。


  • Windowsのコントロールパネルで設定する
  • Wacomのペンタブレットプロパティで設定する

それぞれ説明していきますね。


Windowsのコントロールパネルで設定する方法


まず1つ目の

「Windowsのコントロールパネル」

で設定する方法です。


ハードウェアとサウンド


スタート画面から「コントロールパネル」を開き、
「ハードウェアとサウンド」を選択してください。


ペンとタッチ項目の中の「ペンとタッチ」をクリックします。


ペンのオプション

「ペンのオプション」タブが開きますので、
その中の「ブレス アンド ホールド」を選択して、
「設定」をクリック。


ブレス アンド ホールド


「ブレス アンド ホールドの設定」が開いたら、一番上
「ブレス アンド ホールドを右クリックとして認識する」
チェックを外し「OK」を押します。


これでペンタブでタッチしたときの
「丸いポインタ」が出てこなくなります。


以上が「コントロールパネルでの設定方法」でした。


でも実は、この方法で設定した場合だと、最初のタッチ
した瞬間に出る「丸いポインタ」は消せるのですが、
離した瞬間に出る「波紋」のようなものは消せないんですよね。


なので、このどちらも消したいという人は、
以下に紹介するもう一つの方法を試してみてください。


Wacomのペンタブレットプロパティで設定する方法


ペンタブでタッチしたときに出る「丸」を消す方法。


もう一つは、

「Wacomのペンタブレットプロパティ」

で設定する方法です。


まずは「スタート」画面から、ペンタブレットの
設定プロパティを開いてください。


ペンタブ プロパティ


プロパティが開いたら、設定項目の中の「マッピング」を選択し、
画面下の「デジタルインク機能を使う」のチェックを外します。


これだけで、タッチしたときの「丸」と、
離す瞬間の「波紋」の両方を消すことができます。


非常に簡単な方法なのですが、この方法で
「丸」を消した場合の欠点が1つだけあります。


それはペイントソフトの「筆圧設定」が
機能しなくなるという点です。


もともと筆圧が関係しないWeb上のソフトなどは
問題ありませんが、「クリップスタジオ」などの
ペイントソフトで筆圧機能が使えないのはもったいない話。


ですので、今回紹介した2つの方法を、
ペイントソフトごとに使い分けるように
するのが良いかもしれませんね。


ペンタブの反応を少しでも良くしたい場合


ちなみに、コントロールパネルの設定方法で
「フリック」に関する設定もありますが、
こちらの設定を変更することでもペンタブ
の反応が上がるようです。


フリック


なので、もしフリックを使わないのであれば
チェックを外しておきましょう。


まとめ


今回はペンタブでタッチしたときに出現する
「丸」の消し方を2つ紹介しました。


それぞれ一長一短がありますので、
使用するペイントソフトに合わせて
使い分けた方が良いかもしれません。


クリップスタジオなどは元々「丸」は発生しませんので、
無理に設定を変更する必要はないと思います。


pixivのお絵かきモードのような
「Web上のペイントツール」をメインで使う
場合は、デジタルインク機能をOFFにしても
問題ありませんね。


自分の使用環境に応じて使い分けてください。


それ以外の方法について


実はこの「丸」を消す方法、他のサイトでは、
これ以外にもいくつか紹介されているんですね。


しかしそれらの方法は「システム」の深い部分にまで
手を出す必要がある上、僕が実際に試して効果が
無かったのでこの場では紹介しませんでした。


もし「どうしても完璧な形でペンタブを使いたい」
という方は、そちらを試してみるのも良いかもしれません。