こんにちは、小泉です。


僕がイラスト練習で使っている
ワコムのペンタブレット。


使い始めたときから思っていたんですが、
標準の芯だとツルツル滑ってどうしても
描きにくいんですよね。


なんとか描き味を改善したいと思い、
最近ようやく「替え芯」を購入しました。


今回は購入した替え芯について、
使ってみた感想を書いていこうと思います。


「フェルト芯」「ハードフェルト芯」の特徴と違い!


替え芯購入


今回僕が購入したのは、「フェルト芯」
「ハードフェルト芯」の二つ。


どちらも「フェルト素材」という点では同じですが、
硬さによる描き味の違いがあることは確かなはず。


そればかりは実際に使ってみないとわかりませんので、
とりあえず両方買って試してみることにしました。


それぞれ特徴を書いていきますね。


とにかく摩擦が欲しい人向けの「フェルト芯」


フェルト芯


まずは「フェルト芯」の特徴から。


色は標準の芯と同じ黒。


一見すると見分けがつきませんが、
標準芯のツルツルとした感じに対し、
こちらは表面が若干ザラついています。


そのためタブレットの上を滑らせると
軽くザラザラとした感触がしますね。


標準の芯と比べると、
とにかく「摩擦感」は半端ないです。


描き味としては「細いマジックペン」
のような感じでしょうか。


「ザッザッ」という音がして、
いかにも「描いてる!」という感覚。


とにかく「実際に描いている感覚が欲しい!」
という人にはおススメの芯と言えます。


鉛筆のような自然な描き味の「ハードフェルト芯」


ハードフェルト芯


次は「ハードフェルト芯」です。


その名の通り「フェルト芯」よりも
若干硬めに作られているのが特徴。


色はグレイで、こちらもフェルト芯と同じく
見た目が少々ザラついています。


タブレットを滑らせた感覚は
フェルト芯より少し硬い感じ。


芯自体がフェルト芯より硬めなので、
押し付けたときの「沈み込み」が少ないんですね。


「摩擦感」は標準の芯とフェルト芯の中間と
いったところ。


そのためフェルト芯よりも抵抗が少なく、
描き味としては「鉛筆」で描いて
いるような感覚がします。


「フェルト芯」は摩擦による抵抗が大きいため、
あまり筆圧が強いと描いているときに
「引っ掛かり」を感じる人がいるようです。


なので「思いっきり力を入れて描く」という人は
ハードフェルト芯を使った方が良いかもしれません。


交換は必須!あとは自分の好み次第!


以上、「フェルト芯」と「ハードフェルト芯」の
違いについて書いてきました。


標準芯と比べればどちらも摩擦があって
「描いてる感覚」が掴みやすいのは確かですね。


どちらの芯が良いかと言われれば、
あとは自分の好みの問題でしょう。


僕は今のところ、より「描いてる感」がある
フェルト芯の方を主に使っています。


ペンを走らせたときの「摩擦」が感じられることで、
今までよりずっと描きやすくなりました。


「標準の芯がツルツル滑って描きづらい」と感じている人は、
ぜひ一度「摩擦のある芯」を使ってみてください。


同じペンタブとは思えないくらい、
描いてる感じが変わりますよ(^^)



Wacomのペンタブでタッチしたときに出る「丸」を消す方法!「Windows7」

行動を習慣化させる3つのコツ