こんにちは、小泉です。


梅雨が明ければ夏本番ということで、
今の内に暑さ対策で部屋に窓用エアコンを
設置することにしました。


と言っても、新しく購入したわけではなく、
以前住んでいた部屋で使っていたものを
今の部屋に持ってきただけなんですけどね。


以前も自分で取り付けたので、

「まぁそんなに大した作業じゃないだろう」

と、簡単に考えて取り掛かったわけですが、
ところがここで大きな誤算がありました。


取り付け用の金具が合わない!


窓用エアコンの金具が合わない


なんと、サッシの形状が違うために、
今までの取り付け用金具では合わない
ことが判明!!


まさかこんな事態になるなんて、
夢にも思っていなかったというのが
正直な気持ちです。


「窓なんてみんな同じようなものでしょ?」


そう考えていた僕が甘かった・・・


とわいえ、嘆いていても状況は
好転しません。


ここはとりあえず考えます。


この場合、新しい部屋の窓に合う金具を
買ってしまうのがもっとも確実な方法で
あることは間違いありません。


しかし、調べてみるとその金具は何千円もする上に、
注文しないと手に入らないみたいなんですね。


お金のことは仕方がないとして、
わざわざ注文しないといけないというのが、
いささか面倒な話です。


そんなわけで、面倒くさいのが大嫌いな僕は、
なんとかこの状況を「今日中に」解決するための
方法を頑張って考えました。


専用金具を使わないで固定するには?


正直な話、エアコンの取り付け枠を
「窓の木枠にビス止めしてしまえば」
一番楽なのですが、借りている部屋なので
そんな荒技に出るわけにもいきません。


そのため、ここは何としてでも、
「どこにも傷つけることなく」固定する
方法を考えなければならないわけです。


要は「枠下の引っかかり部分をサッシに
押し付ければよい」だけの話なので、
なにか上手い方法でそれができれば
万事解決ということになります。


ここで一度寸法を測定。


隙間寸法


写真では少しわかりにくいですが、
枠をセットしたときの「引っかかり部分」と
サッシとの隙間は、およそ「11ミリ」ほど。


ということは、ここに「12ミリの木の棒」を
突っこめば、上手く固定できるかもしれません。


固定費用わずか200円!


12mmの棒


というわけで、近所のホームセンターで
「12ミリ×12ミリ」の木の棒を買ってきました。


1メートルほどの長さで、価格は200円くらい。


角棒カット


買ってきた棒を、

「反対側の窓に当たる長さ」

でカットします。


そうすることで、棒を押し込んだ際に
反対側の窓が開かなくなりますので、
簡単な防犯対策にもなります。


枠固定


バッチリです。


枠とサッシの隙間が丁度良かったようで、
予想以上に角棒がジャストフィットしました。


枠も横ズレしないし、多少引っ張った
だけでは抜けてきません。


これなら「上が下がってこない限り」
外れることもないはずです。


防犯対策


反対側の窓もしっかり固定されてしまったので、
これで盗人が侵入しようとしても大丈夫です(笑)


窓用エアコンセット完了


コロナ窓用エアコン


エアコンもガタつくことなく、
しっかり固定することができました。


これで安心して、夏を過ごすことが
できそうです。


まとめ


というわけで、今回は予想外のトラブルに
見舞われましたが、こうして無事にエアコン
取り付けまで終えることができてホッとしました。


取り付けにかかった費用も、思いのほか、
というかほとんど「ただ同然」だったので、
無理して専用金具を買わなくて良かったなと
思います。


ただ、今回ご紹介した方法はあくまでも、
僕が「個人的に」行ったことです。


参考にしていただいても良いのですが、
万が一の場合も考えられます。


なので、固定具合や防犯対策に不安がある場合は、
面倒くさがらずに専用の金具を使って取り付ける
ようにしてください。


ここまで書いてから言うのもなんですが、
その方が絶対に確実で安全ですよ(^^)