こんにちは、小泉です。


人が商品を購入する背景には、
必ず人間の持つ「欲求」が存在します。


何も欲求が無ければ、人はお金を払って
ものを買うことはありません。


アメリカの心理学者アブラハム・マズローによれば、
人間の欲求は5つの段階にわかれており、
各段階によって求めるものも変化するとのこと。


これがかの有名な「マズローの欲求5段階説」です。


僕たちもアフィリエイターである以上、
記事を書いてものを売るのが仕事です。


文章で商品を買ってもらうためには、

「人がどんな理由でものを欲しがるのか」

それをよく考えなければなりません。


そのためにも、まずは人間の持つ欲求について
理解を深めておくことが大事です。


というわけで今回は、アフィリエイトでもっとも
稼げるジャンルと言われる「ダイエット」を
マズローの5段階説に当てはめて、


欲求の段階によって「ダイエットする理由」が
どう変化するのかを、僕なりに考えてみました。


ダイエットする理由を5段階の欲求にそって考える


マズローの法則


マズローの欲求5段解説は、図のような
ピラミッドの形で表されます。


下の欲求が満たされるごとに、
上の段階を求めるようになるんですね。


それではこれから、
この5段階に「ダイエットする理由」を当てはめた
僕の考え方を書いていこうと思います。

第1段階:生理的欲求

これは誰もが知っている人間の3大欲求

「食欲」「睡眠欲」「性欲」

のことを指します。


人間が生きていく上で欠かすことの
出来ない欲求ですね。


この3つの中でダイエットの理由を考えた場合、
もっとも当てはまるのは、やはり「性欲」では
ないでしょうか?


まず一般的に考えて、性欲を満たすためには
異性のパートナーがいなくてはなりません。


要は「恋人」ですね。


恋人を作るためには異性からモテる必要があります。

でも太った身体では異性からモテることができません。
(と考えている人が多いだけで、実際はそんなことありません)

それ故に、「ダイエット」をして
カッコよく(可愛いく)なりたいと考える。


つまり、

性欲を満たす⇒異性からモテる⇒そのためにダイエットする

というのが生理的欲求から見た場合の、
「ダイエットする理由」だと考えられます。


「食欲」や「睡眠欲」が関係する理由も多少は
あると思いますが、一番の割合を絞めるのは
やはり「性欲」だろうというのが僕の考えです。


そのため、この段階の欲求を持つ人に
アフィリエイトする場合には、
「異性や恋愛」を題材にした記事で訴え
かけるのがもっとも効果的だと言えます。

第2段階:安全欲求

生理的欲求が満たされると、次に人は
「安心と安全」を求め始めます。


「日々の生活から不安を取り除きたい」

「安心、安全な暮らしを維持したい」

と考えるようになるんですね。


そして、その平和な暮らしを脅かす
ものの代表が「病気」と「お金」です。


誰だって、病気になれば不安になりますし、
お金がなければまともに生活することも
出来なくなってしまいます。


その点から考えると、この段階のダイエットの
理由としてもっとも有力なのは「健康のため」を
おいて他にないと言えるでしょう。


肥満体質からくる生活習慣病は
命に関わる大病に発展する危険性
だってあります。


もしも重い病気にかかってしまったら、
まともに働くことだって難しくなって
しまいますよね。


満足に働けなくなれば、当然
経済面でも苦しくなります。


健康面での安心、
経済面での安心、


この二つの欲求を満たすためには、
常日頃から自分の身体に気を使う
ことが大切なんですね。


なので、

「健康な身体で、いつまでも安心して暮らしたい」

これが2段階目での「ダイエットの理由」
になるのではないかと、僕は思います。


アフィリエイトに置き換えた場合、
この段階では「健康」を前面に押し出した
アプローチが有効と言えるでしょう。


他にも「安心、安全な生活」という点で
考えれば、健康系だけでなく保険や
セキュリティ関連のサービスなどを紹介
するのもよいかもしれませんね。

第3段階:社会的欲求

日々の安全が確保されると、今度は

「仲間がほしい」
「組織に属していたい」
「一人になりたくない」

などと言った欲求が芽生えます。


このような「集団の中に属していたい」といった
感情のことを「帰属意識」といいます。


この段階でダイエットする背景には

「見た目が悪いせいで嫌われるんじゃないか?」

「だらしないと思われるんじゃないか?」

などのネガティブな思考が存在するの
ではないか、というのが僕の考えです。


要は「周りの目」が気になりだすということですね。


集団というのは非情なもので、
なかに異質な存在がいると、
仲間はずれにしたり、攻撃対象に
したりする性質があります。


そして、集団が「こいつは自分達とは違う」
という判断を下すのに一番てっとり早いのが、
ルックスや服装といった「見た目」なんですね。


現に世の中には、「見た目が悪い」という
だけでいじめられたり敬遠されたりする人が
たくさんいます。


その事実を知っているからこそ、
頑張って肉体改造したり、
ファッションセンスを磨いたり、
果ては整形手術だってするわけです。


学校とは違い、社会に出れば周りはみんな
大人ですので、あからさまにイヤな顔をする
人はそうそういないとは思います。


でも、心の中ではどう思われているか
わかったものではあリせん。


そのため、

「嫌われたくない」
「少しでも周りの人から良く思われたい」

そんな思いが、この段階での
「ダイエットする理由」には詰まって
いるのではないかと思います。


以上の理由から、アフィリエイトで
アプローチする場合には

「周りの人からどう思われているか?」

というような「不安を煽る形」で
切り込んでいくのがベストだと言えます。


このような「不安を煽る形」は
薄毛やハゲ、口臭、体臭といった
「悩み系」のアフィリエイトに
よく見られる手法ですね。


そう考えると、アフィリエイトで稼げる
ジャンルというのは、ほとんどがこの
第3段階の欲求に属していると言えるかも
しれません。

第4段階:承認欲求

これは第3段階の社会的欲求に比べると
わかりやすいかもしれません。


とにかく

「会社や家族、周りの人間から認められたい」

という欲求です。


社会的欲求はどちらかと言えば、
恐れからくる後ろ向きな欲求の
ようにも感じましたが、こちらは

「認められたい、だから頑張る」

というような、前向きで上を目指す
欲求のように思います。


これを「ダイエットの理由」で
考えるとするならば

「カッコイイ男性、ステキな女性と思われたい」

だからダイエットする。


という感じでしょうか。


この場合、第1段階のような
「性欲」は関係なく、とにかく

「自分の行動や、結果そのもの」

を認めてもらうことに喜びを
感じるんですね。


しかしながら、本人は意識していなくても、
その上を目指す姿勢が結果的に「性欲」を
満たすことにもつながるのかもしれません。


この段階でアフィリエイトする場合の
キーワードは、「レベルアップ」を置いて
他にないのではないでしょうか。


「さらにカッコよくなるために」

「さらに美しくなるために」


というような、上を目指す感じの
煽り文句が有効だと思います。


この段階の心境としては、おそらく
自分の中で「他人の目」と「向上心」が
半々だと思うんですよね。


他人の目も決して「嫌われたくない」
のような後ろ向きな意味ではなく、
「認めて欲しい」という前向きな
意味で捉えていると思うんです。


そして

「そのためにはどうすればいいか」

という向上心を持って常に行動しているの
ではないかと、僕は思うわけです。


この域までくると、下手に不安を煽ったり
するよりも、さらに上を目指す方向に
言葉を投げかけた方が心に刺さるという
のが僕の考えです。


仕事術や自己啓発などのビジネス書は、
この段階の欲求を満たすために購入する
人が多いのかもしれません。

第5段階:自己実現欲求


「自分の活動や成長に喜びを見出す」


この段階まで来ると、もう
他人の目は気にしなくなります。


ダイエットで言うならば

「健康で若々しい身体を維持し続ける」

そのために勉強したり努力したりすること、
それ自体に喜びを感じるようになるんですね。


この域に達した人にアフィリエイトする場合、
おそらく「不安」や「欲望」に訴えた言葉は
通用しないと考えてよいでしょう。


ここまでくるとさすがにお手上げな感じが
しますが、唯一刺さりそうな言葉と言えば
「進化」でしょうか・・・


要は、ダイエット以外の「新しい道」を
提案するということです。


人は何か一つの目標を達成すると
視野が広がり、今まで見えなかった
色んなものが見えるようになります。


ダイエットで健康的な身体を手に
入れた人であれば、もしかしたら
次に何かしらのスポーツに興味を
持つかもしれません。


その観点から見れば、何か活路を見出すことが
可能なのではないかとも思います。


でも、さすがにそこまで考えるのは
アフィリエイトの範疇を超えていますね。


これ以上は頭が混乱するだけなので、
今回のところはこの辺で止めておいた
方がよさそうです(笑)


欲求を知ることで新しい発見がある


今回は、有名なマズローの法則に
ダイエットを当てはめて、僕なりの
考えをまとめてみました。


相手の欲求にそって言葉を考える
のはなかなか頭を悩ませましたが、
たぶんそこまで見当違いのことは
言っていないと思います。


この記事を書いて改めてわかったことは、
一言でダイエットと言っても、その背景
には人間のいろいろな欲求や心理が働いて
いるんだな~ということ。


今さら何を言っているのかとも思いますが、
こうして実際に人間の欲求と照らし合わせて
書き出すことで、

「こんな風に考えているかもしれない」

というような、新しい発見がありました。


今回はダイエットで取り組みましたが、
他のジャンルではもっと違った考え方
が見えてくると思います。


なので、気が向いたらあなたも一度
挑戦してみてはいかがでしょうか?


意外と勉強になりますよ(^^)


P.S

実は今回紹介した5段階のさらに上に、
6段階目の欲求として「自己超越」という
ものが存在するのですが、これはもう
「仙人」のレベルになってしまうので
この記事では触れないことにしました。

興味がある人は調べてみてくださいね。