不安


こんにちは、小泉です。


悩み事があると、何も手につかないものです。


勉強やブログ、はたまた持ち帰りの仕事など。


やらなければならないことがあるのに、
不安な気持ちに心が支配されてしまって、
何もする気になれない。


今回は、そんな

「不安で何も手につかない」

あなたへ。


今すぐ不安を打ち消し、行動に移すための
方法をお伝えしたいと思います。


不安とは「言葉のループ」


グルグル


この方法をお伝えする前に、

「不安を抱えている」

というのは、そもそもどんな状態なのか?
それを簡単に説明します。


たとえば、あなたが今「借金」の
ことで悩んでいるとしましょう。


貯金も無い、給料も少ない、
でも毎月の「支払い」だけは
逃れることができない。


そんな状況です。


このとき、あなたの頭の中は、


「今月の給料○万円で借金の返済が○万円、
携帯料金と生命保険、その他もろもろで
○万円が引かれる・・・

ああ、今月どうやって生活しよう。
一週間カップラーメンで乗り切れば
なんとかなるかな・・・

家賃も滞納してるし、もうすぐ車検もある。
どうにかしてお金を貯めないと。

何かバイトでも探すか?
でも仕事終わってからじゃ身体がきついしな・・・」


と、このような考えでいっぱいに
なっていることでしょう。


そして、頭の中に、同じ言葉が何度も何度も
浮かんでは消えていくはずです。


これが「不安を抱えている」という状態です。


何も答えが出ないまま、頭の中で
同じ言葉がグルグル回っているんですね。


これは仕事の悩みでも、
人間関係でも、恋愛でも同じ。


「不安」や「悩み」というのは、いわば
「言葉の無限ループ」のようなものです。


答えを導き出すことができずに、
同じ質問を何度も繰り返している。


そのせいで、他のことを考える余裕が
なくなり、「何も手につかない」という
事態になってしまうのです。


言葉を外に出すと不安は消える


言葉を書き出す


では、不安を打ち消し、行動に
移すためにはどうすればよいか?


これからその方法をお伝え
していこうと思います。


その方法とは、

「紙に書く」

ことです。


頭の中に何度も浮かんでは消えていく言葉。
それをすべて紙に書き出してください。


このとき、キレイに書こうと
してはいけません。

キレイに書こうとすると
手が止まってしまうからです。


解決策を考えるために書き出している
わけではないので、とにかく頭に浮かんだ
言葉を手当たり次第に書き殴っていきます。


試してみるとわかると思いますが、
一つ、また一つと言葉を書き出すごとに、
頭の中がスッキリしてくるはずです。


なぜ、書くだけでこんなに頭が
スッキリするのか?


その理由は、言葉を「外に出す」ことで、
頭の中に「空間」が生まれることにあります。


「不安で他のことが何も考えられない」
というのは、言ってしまえば、

「頭の中に言葉がギュウギュウ詰めになっている」

状態なんですね。


それら一つ一つを「紙に書く」という形で
外に吐き出すことで、頭の中が少しずつ
クリアになっていくわけです。


メモをとるのは「脳の負担を減らす」ため


メモをとる


この方法は「メモ」に例えると
わかりやすいかもしれません。


たとえば、誰かに伝言を頼まれたとき、
それを相手に伝えるまでの間、ずっと
覚えておくのは大変なことです。


決して忘れないために、何度も何度も
頭の中で同じ言葉を繰り返すことでしょう。


でも、ここで一度「メモ」をとってしまえば、
そんな苦労をする必要はありませんよね。


忘れてしまっても後でメモを開けば
よいわけですから、もう同じ言葉を
繰り返し考えなくてもよいわけです。


そして、考える必要がなくなった分、
頭の中には「余裕」が生まれます。


要は、メモをとることで
「脳の負担が減る」んですね。


つまり、不安を紙に書き出すというのは、

「悩みをメモして、いったん横に置いておく」

ことだと思ってください。


不安の言葉を紙に書き出すことで、
「メモしておいたから、今は忘れても大丈夫」
と脳が判断し、頭に空間が生まれます。


その結果、新しいことを考える余裕ができ、
脳が「行動」へと移れるようになるのです。


まとめ


今回は「不安で何も手につかない」ときの
対処法についてお伝えしました。


僕も昔から、悩みごとがあると
延々と考え込んでしまう性格です。


そういうときって、やらなければ
ならないことがあっても、本当に
何も手につかないんですよね。


でも、いくら考えても答えがでないなら、
それはもう「考えていない」のと同じ。


解決できないことで延々と悩んで
いるのも時間の無駄です。


それなら、一度メモしておいて、
後で時間のあるときにじっくり
考えるようにした方が、遥かに
建設的と言えます。


なのであたなも、悩みごとのせいで
行動に移れないときには、ぜひ今回
お伝えした方法を試してみてください。


本当に頭の中がスッキリしますよ。


行動を習慣化する方法とそのメカニズム

意外と知られていない「モチベーションが下がる原因」とその対策法